アマテルカミ ワカヒトさま?

 

 日本で有名な神様といえば、伊勢神宮で祀られている

 

     天照大御神様ですよね。

 

女性神として伝えられているかと思います。

 

これは、古事記や日本書紀に書かれていたそうですが・・・

 

近年、古事記や日本書紀よりも以前に書かれたとされ

 

注目を集めているヲシテ文献( ホツマツタヱ )によると

 

男性のカミで、子孫繁栄のために12人の妻がいたんですって。

( 古事記をきちんと読み解くと男性であると書かれているとのこと。)

 

 天照は、アマテル が正しい読み方なんだそうです。

 

そして、イミナという本名を持ち、ワカヒトと呼ばれていたとのこと。

( 本名 )イミナ=ワカヒト 

 

アマテルというのは、偉大な功績を称える呼び方だったそうですね。

 

古事記や日本書紀の頃にアマテルに漢字が当てはめられ、アマテラスと読むように。

 

書き換えられたと言われています。

 

 

まあ、諸説色々ありますが、

 

私は、絶対信じちゃいますよ。(笑)

 

なんだか、わくわくしてきませんか?(笑)

 

日本の神様って、本当に実在していたのかな~?とか、

 

元々は、エネルギー体のようなもの?とか、

 

でも、ちゃ~んと実在してるんですよね。

 

ヲシテ文献によると、ヒトのような、カミのような存在で。

 

歴史って必要に応じて書き換えられたり、何らかの意図があって

 

消されたりすることもあるそうですから・・・

 

 

 日本の太陽神でもある  アマテルカミ ワカヒト ✡ さま。

 

ご本人にとっても 私達にとっても本名でお呼びした方がいいに決まってますしね。(^.^)

 

実在していたと知ると親近感がわいてきますね^^

 

この時代に あえてホツマツタヱや古代文字が注目されるのには

 

意味があるような気がするのよね~~。

 

今の日本にとって、必要な気がするの・・・

 

  

ライトワーカーのブログ アジュールプラス 天界 カルアミーヤのブログ アマテルカミさま